ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

デジタルソリューションでビジネスの高度化を推進
タイを拠点にASEAN地域への展開をめざす

さらなる経済発展をめざし、産業高度化政策を推進するタイでは、空港や高速鉄道の整備に加え、ロボティクスやデジタル技術産業、次世代自動車産業などといった重点産業の誘致・育成を推進しています。そこで日立は、デジタルソリューションの展開を担う拠点をタイに設立しました。この拠点を中心に、タイ国内におけるさまざまな事業分野のデジタル化を推進するとともに、ASEAN地域へのソリューション展開をめざします。


Lumada Center Southeast Asiaの外観

デジタル技術の活用により、さまざまなビジネス課題を解決

タイ王国は、長期的な経済社会ビジョン「Thailand 4.0」を掲げ、高度な経済基盤の確立と経済発展をめざす政策を推進しています。これを受けて日立は、デジタルイノベーションを加速する「Lumada」のソリューションをお客さまに提案するため、アマタシティ・チョンブリ工業団地内に「Lumada Center Southeast Asia(以下、Lumadaセンター)」を開設しました。

今回開設したLumadaセンターは、これまでに日本、中国、米国などで培ったIoT技術やノウハウを東南アジアで展開するための拠点です。内部には、製造ラインを模した「IoTソリューションルーム」と、議論のスペースとして「協創ルーム」などを設け、OTとITを活用したソリューション事例を確認したり、お客さまが抱えるビジネス課題の発見と分析や、課題解決のためのソリューションを議論することができます。

動画「日本のモノづくり品質を世界に タイにおける協創の取り組み」

既にその取り組みのひとつとして、タイでは日立金属グループの東南アジア地域最大規模の生産拠点 Hitachi Metals (Thailand) で、製造現場の課題解決に向けた実証実験が始まっています。同社では顧客の増加に伴い製造品種が増えた結果、工程が複雑化するなど、生産効率の改善が課題となっていました。そこで「Lumada」のソリューションを導入し、生産効率向上の実証を開始しました。今後、実証フェーズで明らかになった改善点などを踏まえて、品質向上やリードタイム短縮、マス・カスタマイゼーションなどにも活用する予定です。また、今回の取り組みで得た知見を、ほかの海外生産拠点へ展開することも見据えています。

日立は、新たに開設したこのLumadaセンターで、タイをはじめとしたASEAN地域のお客さまとの協創を加速し、それぞれに最適なソリューション提供をめざすとともに、製造や流通、セキュリティ、公共分野などのさまざまな分野でのデジタル化に貢献していきます。


Hitachi Metals(Thailand)の外観

  • 公開日: 2019年2月
  • ソリューション担当: 日立製作所/日立アジア社