ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

Special Contents

Future of Work:
デジタルトランスフォーメーションで変わる働き方

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務の実施やリモートワークのためのツールの導入が急速に進んでいます。個人の働き方に変化が訪れる中、企業もコスト削減や業務効率化などを目的に、あらゆる業界で「働き方改革」に取り組んでいます。これから働き方はどのように変わっていくのでしょうか。今月はIoTやAIなどのデジタル技術を活用した新しい働き方に関する記事をご紹介します。

Future of Work

さまざまな業界のパートナーとの協創事例や、
社内外の有識者による記事をご紹介します

ロボット列車:世界初の無人貨物列車が鉱業の働き方を変える

ロボット列車…というと、まるで映画のようですが、これは現実の話です。オーストラリアで鉱物などの資源を扱うリオ・ティント社と日立レールSTS社の協創で、重量貨物輸送システム「AutoHaul™」を開発し、世界初となる無人貨物列車の走行を実現しました。

詳しく見る

AI Captain ステナライン社がAI技術を用いた船舶ナビゲーション導入に踏み切った理由

ヨーロッパの大手フェリー会社であるステナライン社は、2019年3月時点で38隻の船舶を所有し、北欧地域で21の航路を運航しています。

詳しく見る

ネット証券会社を悩ます人材不足、カブドットコム証券が後継者に選んだのはAI

個人投資家の約9割がインターネット上で取引する時代、ネット証券会社は不公正取引を防ぐゲートキーパーとして、毎日、数100万件もの売買を審査する重要な役割を担っている。

詳しく見る

匠の技を「見える化」したシステムを構築 言葉で伝えづらい熟練技能の伝承を容易に

日本の製造業において大きな強みとなっている、製造現場での匠の技。製品のコンパクト化、高性能化によって、高い付加価値を実現する上でも、匠の技の存在は不可欠だ。

詳しく見る

デザインとデジタルで支える「その先のオフィス」

デジタル変革したくてもできない「壁」を打ち破るのに、どうして「デザイン×デジタル」が有効なのか...

動画を見る

証券事務のデジタルイノベーションー三菱UFJモルガン・スタンレー証券

金融の高度化をめざすFinTech の流れが加速する中、フロントオフィスのサービスだけでなく、バックオフィス業務まで 一気通貫したデジタル化へのニーズが高まっている。

動画を見る

これからの働き方について 労働市場の流動化と学び直しがカギを握る

国の重要戦略として進められている「働き方改革」。その背景には,日本の労働市場の新陳代謝の低さがあるという。

詳しく見る

デジタルで変わる仕事,変わらない価値

デジタライゼーションの進展によって産業構造やビジネスモデルが変化する中,人口減少による社会構造の変化に直面する日本企業では,持続的成長の実現に向けた知的生産性の向上が急務となっている

詳しく見る

対談 データのハピネス、感性のハピネス 【第1回】「ハピネス」見える化のプロセス

「料理の鉄人」「世界遺産」など、数々のヒット番組の構成を手がけてきた放送作家の小山薫堂氏。「くまモン」の生みの親としても知られ、その活動の源泉にあるのは常に「その仕事は人を幸せにするか?」ということだという。

詳しく見る

「幸せな社員」の増やし方 【第1回】HRテックが可能にした、狙いどおりの採用活動

近年、声高に叫ばれている企業の働き方改革。ただでさえ労働人口が減り続ける今、多くの経営者が人財確保に頭を悩ませている。

詳しく見る

リクルート流働き方改革は、小さなR&Dの積み重ね。【前編】イノベーション創出を加速

日本の戦後の高度成長期から「働く」ということに深く関わってきたリクルート。

詳しく見る

人を育て、人を活かす働き方改革。【前編】“SAP流働き方”その行動指針と施策

人財や資金、設備などさまざまな基幹業務を統合的に管理するソフトウェアを中心に、世界のトップ企業をお客さまにグローバルなビジネスを展開してきたSAP(エスエイピー)。

詳しく見る

世界中の人々が望む “良いこと”
即ち “GOOD” を実現するために、
日立はさまざまなパートナーと
全力を注いでいます。