ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

THE FUTURE OF HEALTHCARE IS
OPEN TO SUGGESTIONS

ヘルスケアの未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。
誰もがずっと健康に、安心して暮らしていくために。日立は、医療機器を進化させるだけでなく、健康・医療・介護にかかわるデータの共有をサポート。その情報をIoTプラットフォームで分析し、医療機関をはじめ地域全体で活用することで、一人ひとりに最適なケアが届けられるようになります。日頃の健康管理や医療従事者による診療、そして在宅における介護まで、日立は協創を通じてヘルスケアにイノベーションを起こしていきます。

THE FUTURE OF MANUFACTURING IS
OPEN TO SUGGESTIONS

モノづくりの未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。
いま製造の現場では、多様化する消費者ニーズへの対応など、新しい挑戦が求められています。日立のIoTプラットフォームは、複数の工場のデータをリアルタイムで分析。異なる企業同士による人・モノ・技術のシェアを可能にし、より柔軟な生産体制を実現していきます。協創から生まれる進化したモノづくりで、世の中へ新たな価値を。

THE FUTURE OF CITIES IS
OPEN TO SUGGESTIONS

街の未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。
日々の大切な瞬間を逃すことがないように。日立は協創を通じて、誰もがもっとスムーズに移動できる都市をめざしています。日立ならではのOT(制御・運用技術)とITを生かし、IoTプラットフォームで街中のデータを分析。人やモノの動きを予測し、柔軟に変化するシステムをつくることもソリューションのひとつです。日立はさらに社会イノベーションを加速し、街の未来を、そして人々の暮らしを大きく変えていきます。

街と、クルマと、ドライバーが呼応し合う
ーー自動運転のこれから。

いま「自動運転」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。―― クルマが自ら安全に運転してくれる、 危険を察知したら自動で止まってくれる。―― 印象や理解は人それぞれだと思います。 自動運転とは、すでに実用化されている「運転支援」技術から、運転手を必要としない 「完全自動運転」まで、幅広いレベルがあります。自動運転のいまとこれからについてご紹介します。

バリューチェーンをつなぎ経営課題を解決する
IoTプラットフォーム

Lumadaは、社会インフラや工場、物流や店舗などそれぞれの現場の改善を支援します。さらにLumadaなら、各々のIoTプラットフォームを他社構築のものも含めてグローバルに連携、協調させることができます。これにより、フルバリューチェーンの全体最適化が実現。多様化するニーズに合わせてカスタマイズされたサービスを、タイムリーかつ低コストで世界中に提供するなど、現在では想定できない新しいビジネスの創生の基盤として、お客さまに大きな価値を提供します。

THE FUTURE IS OPEN TO SUGGESTIONS

未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。
私たちの未来をつくる社会イノベーション。それはいつも、シンプルなアイデアからはじまり、やがて世界を変えていく。さまざまな人々が連携すること、先進のITとインフラ技術を駆使することで、その可能性がひろがり、一つひとつ現実のものになっていくのです。だから日立は、協創を生みだす革新的なプラットフォームで、社会イノベーションを加速していきます。ともに考え、ともに取り組むことで、さらにスマートに、スピーディに、創造的に、社会イノベーションがより豊かな未来へと動きだします。

時代と日立

社会イノベーションとは?

日立は協創を通じて、素晴らしいアイデアを形にしています。

もっと見る