ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

社会イノベーションとは?

日立がこれまで培ってきた「IT(Information Technology)」、「OT(Operational Technology)」、「プロダクト」。そして「Lumada」を活用し、さまざまな社会課題を解決する。それが日立の社会イノベーション事業です。

「デジタル」「グリーン」「イノベーション」を成長の原動力と位置づけ、社会イノベーション事業を加速させることで、
世界中の人々が望む良いこと、すなわち“GOOD“の実現に注力していきます。

本映像では、2024中期経営計画のキーメッセージである「地球を守りながら、一人ひとりが幸せに暮らせる。そんなサステナブルな社会の実現に、日立はデジタルとグリーンテクノロジーで挑む」という決意を伝えます。「乗り物は環境に負担をかける」「再生可能エネルギーは安定供給できない」「人間の快適は地球環境と両立しない」といった社会課題の常識を変えていく日立の信念をご覧下さい。

  • 新型コロナの新たな抗原検査手法を開発、電子顕微鏡で高速・高精度に検出

    詳しく見る
  • 「地方の高齢者にも移動の自由を」 日立、高齢者向け送迎サービスを開発

    詳しく見る
  • 岩見沢市の農業をサステナブルに 日立の「自立型ナノグリッド」に高まる期待

    詳しく見る
  • 日立の人:「前例がなければつくればいい」漏水検知センサーでインフラ問題を解決

    詳しく見る

社会イノベーションを
加速する力

ひとりの力や、ひとつの組織だけでは、複雑化する現代の社会課題を解決していくには限界があります。
だからこそ、多様なパートナーと手を携える「協創」が大切なのです。

さらに私たちは、デジタルイノベーションを加速する「Lumada」 (ルマーダ)を活用し、お客さまのデータから新たな価値を創出。
100年以上にわたり培ってきた幅広いプロダクトや制御・運用技術に、最先端のデジタル技術を掛け合わせることで、
よりスマートな社会づくりに取り組んでいます。

LUMADA