ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション事業ポータル

製造

モノづくりの現場では、IoTやビッグデータを活用し、産業構造を持続可能かつより効率的に転換させる第4次産業革命という新しい潮流が動き出しています。

日立は、新製品開発のスピードアップ、グローバル拠点の最適化、メガリコール対応などといった製造業が抱える課題を解決するため、バリューチェーン全体で多様なサービスを提供しています。

ITの力で未来のモノづくりを支援していく

さまざまな課題を抱えるモノづくりの現場を改善し、製造業に変革をもたらすためには、日立はITとOT(制御技術)を融合した社会イノベーションが必要だと考えています。設計・開発から製造プロセス、物流に至るまでを改革し、高品質な製品が迅速に世の中に届くようにする。そして、IoTやビッグデータ、AI(人工知能)といった先進のテクノロジーを駆使し、未来のモノづくりを実現することも日立の取り組みの一つです。