ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

アナリティクス篇 「未来は、オープンだ。アイデアで変えられる。」
視聴する

アナリティクス

デジタルシフトを成功に導く、日立のアナリティクス。

継続的な企業価値向上のために、必須となるデジタルシフト。現実世界をデジタルの世界に写し取り、分析やシミュレーションで得られる価値を現実世界にフィードバックすることで、事業アイデアを具現化するスピードは劇的に向上します。

ここで重要になるのが、長期にわたる継続的な改善の取り組みであり、そのための重要な要素となるのが「アナリティクス」です。
膨大なデータから意味を紡ぎ出すことで新たな価値を創出し、その結果を再びデータの形で収集し、次のステップへと進んでいく。これを短いサイクルで繰り返すことで改善の速度が高まり、企業は新たな能力を獲得できるようになります。そしてこれが結果的に、大きなイノベーションにつながっていくのです。
日立はアナリティクスでも、長期的な協創を通じたお客さまのデジタルシフトを支援。課題解決や新たな価値創造に継続的に貢献します。

日立のアナリティクスはすでに様々な領域で、お客さまのデジタルシフトを加速しています。

属人性が高かった熟練技術者のノウハウ。データを活用してデジタル化することで、作業の効率化や自動化が可能になります。

製造作業の最適化や生産計画立案で、重要な役割を果たしている熟練技術者のノウハウ。これは属人性が高く、作業の自動化が難しいという問題を抱えていました。しかし日立のアナリティクスを活用すれば、熟練者ノウハウのデジタル化が可能になります。例えばある製造企業では、熟練技術者による生産計画立案作業の86%が、デジタルで再現可能に。継続して作業の自動化に向けた挑戦も進めています。

事業遂行の基盤となる設備や機器。それらの稼働データを分析して故障の予兆をつかむことで、効果的な予防保守を行えます。

事業効率を極限まで高めるには、その基盤となる設備や機器の稼働率向上が不可欠。そのためには故障等による停止時間を最小化しなければなりません。日立のアナリティクスを活用することで、これが可能になります。設備や機器の膨大な稼働データを収集し分析することで、故障の予兆を検出。故障が発生する前に予防保守を実施することで、設備や機器の稼働率の最大化を実現できます。

年々増加するセキュリティインシデント。多種多様なデータを時系列分析することで、その被害を最小化できます。

「Global State of Information Security」によれば、2014年に比べて38%も増加した、2015年のセキュリティインシデント。これらがもたらす経済損失は、年間数千億ドルに達すると指摘されています。セキュリティ脅威がもたらす被害を最小化するには、多種多様な情報源から収集される様々な形のデータを融合し、時系列でまとめた上で、脅威の兆候を俯瞰的に捉えることが不可欠。日立のアナリティクスでこのような分析を行うことで、より強固な防御が可能になります。

日立のアナリティクスは、多様な技術と組織的な人的支援に支えられています。

業務知識とデータ分析の知見を併せ持つ専門家集団が、お客さまのイノベーションをお手伝いする「データ・アナリティクス・マイスターサービス」

ビジネスを新たなステージへと導くには、幅広い業務の知見、高度な分析ノウハウ、実績あるICT製品・技術をもとに、ビッグデータから新たなビジネス価値を創出する取り組みが必要です。このような「イノベイティブ・アナリティクス」を支援するため、日立は様々なサービスを提供しています。その1つが「データ・アナリティクス・マイスターサービス」。ビッグデータ利活用に関する専門家「データ・アナリティクス・マイスター」が中心となり、ビッグデータ利活用の「ビジョン構築」、ビジョン実現のシナリオを描いて生まれる価値を明確化する「活用シナリオ策定」、さらに実際にデータ分析手法を確立するとともに、その有効性を検証する「実用化検証」、そして実際の「システム導入」まで、4フェーズのプロセスをトータルサービスとして提供します。これによってお客さまのビッグデータの利活用を全面的に支援します。

既存の業務データと新たなビッグデータを融合し、360°の角度からの分析を可能にするアナリティクスソリューション「Pentaho」

社内に存在する各種業務データや、社外で収集されたデータ、さらにIoTが生み出す膨大なデータまで、多種多様なデータを融合し、オンデマンドでの分析を可能にしたい。このようなご要望にお答えするアナリティクスソリューションが「Pentaho」です。Pentahoは多種多様なデータを短時間で「データレイク」に集約、シンプルな形にまとめ上げます。その上で、多様な役職のニーズに対応できる360°の分析ビューを提供。最適な意思決定をタイムリーに下すことを可能にします。

膨大なデータを掘り下げ、そこから効果的な仮説を見出す「Hitachi AI Technology」

日立はこれまで長年研究を続けてきた独自の人工技術群を、お客さまの価値創造に役立てています。それが「Hitachi AI Technology」。人での限界を超えた分析を人工知能で行うことで、これまで専門家が思いつきもしなかった仮説を見出すことが可能になります。

関連コンテンツ

  • モノづくり現場の課題をデータから解析、定量化する「働きやすさ」への新たなアプローチ

    日立は、生産ラインにおける作業負荷の低減と生産性や品質の向上に向けて、最先端クラスの...

  • 島しょ部におけるマイクログリッドの系統安定化に向けた、日立のハイブリッド型蓄電システム

    自然エネルギーの大量導入によって、電力の系統安定化という問題がクローズアップされて...