ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

    つながる工場が、
    さまざまな想いをカタチにする。

    多様化するお客さまのニーズに応え、新たなアイディアを実現し、なおかつ作業は効率よく。
    製造現場は、常に新たな課題に挑戦し、日々奮闘を続けています。
    もし自社の枠組みも超えて、リアルタイムで世界中の工場をつなぎ、
    より相互に協力し合うことができたら。
    社会システムを支えるOT*1(制御・運用)とITを融合した日立のIoTプラットフォーム
    ‘Lumada’(ルマーダ)がめざしているのは、
    そんな理想を現実にする力強いモノづくりのマネジメントです。
    製造業で培ってきた豊富な知見を生かし、人・モノ・設備などをデジタルでつなぐことで、
    収集されたデータをリアルタイムで分析。生産状況をより詳細にセンシング、分析することで、
    ミスや遅延などが起きてしまう前にその発生を予測します。
    さらに対策立案までシームレスにサポートし、
    製造現場の動きをさらに柔軟で堅牢なものへと進化させます。

    *1 Operational Technology

    Lumadaを活用した
    協創の力で、
    新たな
    モノづくりが生まれています。

    業務と業務のつながりを
    見える化し、
    ボトルネック
    を素早く改善する。

    生産効率を低下させている原因は何でしょう?
    改善を重ねても未だ見つからないボトルネックを探し出すのは、
    今までの手法では、そろそろ難しくなってきました。
    そこで、生産現場でのビッグデータ解析やAI活用により
    自動学習するシミュレーション技術を用いることで、
    状況を先読みした生産計画の最適化を支援。
    すでに製造の現場を変えはじめています。

    気づけなかったことに
    いち早く気づく、
    新たな「目」。

    トレーサビリティーの確保や、
    稼働のログなどとして日々蓄積されていく、あらゆるデータ。
    そのデータを不具合発生の予測に活用する取り組みがはじまっています。
    たとえば、様々な特性を持ったカメラで、人の動きや、材料の状態、
    設備の稼働状況を画像として記録し、大量のデータをAIによって解析することで、
    製造装置が故障する予兆の検知や、各作業者の傾向を把握することが可能に。
    人の「目」では気づけない、現場の人・モノ・設備の変化や
    異常をより精緻に把握して、詳細なトレーサビリティーを実現しながら、
    不具合を未然に防ぎ、生産性をさらに向上させます。