ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

都市開発

建機の稼働状況は衛星回線またはGPRS(汎用パケット無線システム)を通じて日々送信され、Global e-Serviceからその情報にアクセスできます。

保有するすべての建設機械の現在位置や稼働状況、燃料消費量などを自動監視できるシステムがあったら・・・。インターネットを利用した日立のGlobal e-Serviceが、その望みをかなえます。販売代理店から建設チーム、エンドユーザーの方まで、広くお役に立つシステムです。この建設機械管理システムは、問題を特定して建設機械の作業効率を向上させ、時間の節約とコスト削減を実現します。また、情報を一元管理のうえ、販売代理店やユーザーの皆様に利用しやすい形でご提供します。建設車両の装備、稼働状況や状態を明確にお伝えするGlobal e-Serviceは、複雑な作業に対応し予算内・工期内に収めるために欠かせないツールです。

*
英語の動画です。

お客さま: Land & Water Group
業種: Construction
国/地域: U.K.
公開日: 2014年3月
製品・サービス: Construction Machinery
ソリューション担当: Hitachi Construction Machinery (Europe) NV