ページの本文へ

Hitachi

社会イノベーション

  • ライフ&エコノミー

日立は国内外のFinTech関連企業と協力し、金融機関における新たなビジネスモデルづくりをサポートしていきます。

近年、最先端のITと金融サービスを融合させたFinTech*1が、新たな社会的トレンドとして国内外で注目を集めています。日立はFinTech関連サービスの第1弾として、キャッシュカードの代わりにスマートフォンで金融取引ができる「日立モバイル型キャッシュカードサービス」の提供を2015年12月17日から開始しました。

金融機関向けのこの新サービスは、口座番号など、キャッシュカード内の情報をNFC*2対応スマートフォンに格納し、モバイル型キャッシュカードとして利用できるようにするものです。これによりカードの携帯や窓口取引での伝票記入・印鑑使用が不要になるほか、金融サービスの利用開始手続きも容易になるなど、利便性が向上します。利用者は、金融機関が提供するスマートフォンアプリから希望する取引内容を事前に登録し、営業店窓口やATMに設置された読み取り端末にかざすだけで取引を完了できます。またこのサービスには、不正アプリケーションによる情報搾取の防止をはじめ、高度なセキュリティ対策も施しています。

*1
Fintech (フィンテック): Finance (金融)とTechnology (技術)を組み合わせた造語。最先端のITを駆使した革新的な金融サービスや、それらを創出するための活動
*2
NFC: Near Field Communication。ISO (International Organization for Standardization: 国際標準化機構)で規定された近距離無線通信の国際標準規格

文: 日立
公開日: 2016年2月9日